アイリッシュ音楽はじめました

ハンマーダルシマー (打弦楽器)に挑戦しています

チョコボのテーマの練習

f:id:maru04530101:20210401205030j:plain
暖かくなってきて、うちで育てている植物たちも次々に新芽が出たり花が咲いたりしています。

こちらは断崖の女王(シンニンギア・レウコトリカ)

ずいぶんかっこいい名前ですね!

全体的にフサフサで手触り抜群です。

f:id:maru04530101:20210401204839j:plain


さて、今日の練習は、チョコボのテーマです。

www.youtube.com

 

録画した演奏を見返してみたら、音程が気になって撮り直しました。

暖かくなって湿度も変わって、楽器のチューニングがすぐ狂うのかもしれません。

木製の楽器なので、温度と湿度は気をつけないといけませんね!

100均素材でミニダルシマー作り

ハンマーダルシマー のキーホルダーのようなものが欲しいな〜

と思いまして、作ってみることにしました。

 

楽器の木の質感を出したいので、木粉粘土か、コルク粘土を土台に作る予定で、

材料を探しに100均に行ったところ・・・

f:id:maru04530101:20210330114722j:plain

粘土は、ピンクの樹脂粘土しか在庫がありませんでした・・・

というわけで、急遽予定を変更してピンクダルシマーを作ることにしました。

 

完成形はこちら。

f:id:maru04530101:20210330115538j:plain

真ん中の飾りは、中央に配置した方がバランスが良さそうですね。

f:id:maru04530101:20210330115605j:plain

f:id:maru04530101:20210330115629j:plain

弦はうちにあった針金を使いました。

部品の固定と、全体的に強度を上げるためにUVレジン(100均のクリアハードタイプ)でコーティングして、

UVランプは持っていないので、窓際に放置して硬化しました。

曇りの日だったのに15分くらいで硬化したので、

春先の曇りの日の室内でも紫外線はそこそこ降り注いでいるのか!!

ちゃんと肌のUVケアをしなければ・・・と思い知ったのでした・・・

 

100均素材の総額数百円で、とても手軽に遊べました。

木粉粘土か、コルク粘土を見つけたら、またチャレンジしてみようと思います。

指を使わない楽器がやりたい!

 なぜ、ハンマーダルシマー をはじめたのかというと・・・

指を使わない楽器がやりたかったからです!

 

1年半ほど前から関節や筋肉に痛みを伴う疾患を発症して、

痛いし動きも鈍くなり、日常のあらゆる動作がやりにくくなってしまいました。 

 

今は投薬で痛みをコントロールできるようになってきたので、

体の負担にならない、何か楽しいことをしよう!

と思い、ハンマーダルシマー にたどり着いたのです。

 

ハンマーダルシマー を演奏するときに持つのはこれだけ!!

f:id:maru04530101:20210115083940j:plain

こちら、ハンマーです。

重さを計ったら、1個8グラムでした。

とっても軽いです。

 

このハンマーを使って、台形の箱に張ってある弦をたたいて音を出します。

箱は、スタンドに乗せていて、椅子に座った状態で弾くので、体勢は楽です。

f:id:maru04530101:20210130090602j:plain

・手に持つものが軽い

・指を使わなくてもメロディーも伴奏も弾ける

・体の正面に楽器がある

 (フルートは体の横に楽器を構えるので、支える負荷がかり挫折経験あり(ToT)。)

この3点は、とても嬉しいポイントです!

 (叩いたときの振動は手に伝わるので無理しない程度に練習しています。)

 

ハンマーダルシマーは、打弦楽器という分類で、聞いたことがない言葉だったのですが

実は身近なピアノも打弦楽器です。

f:id:maru04530101:20210112084246j:plain

 こちらはピアノの内部の画像です。

 弦が張ってあり、その弦をハンマーで叩いて音を出す仕組みになっています。

ピアノの場合、ハンマーを打つ動力は鍵盤なので、「鍵盤のついている打弦楽器」という分類になるようです。

 

ちなみにオルガンはピアノと見た目は似ていますが、

オルガンは、鍵盤に連動したパイプに加圧した空気を送ることで音が出る管楽器だそうです。

 

身近な楽器も意外と知らないことが多くて興味深いです!

お花見

f:id:maru04530101:20210327152751j:plain

今日は暖かくて、近所の公園に行ってみたらこんなに見事な桜が咲いていました。

もう1年以上、仕事以外で出かけていないので、久しぶりに季節を感じました。

ちょっと散歩しただけですが、素敵な時間でした。

 

さて、今日の練習曲はLord Mayo(ロード・メイヨー)です。


Lord Mayo(ロード・メイヨー)

シンプルな曲なので、リズムや強弱をしっかり意識しないと、

すごーく普通・・・な感じになってしまいます。

簡単そうな曲ほど実は難しいですね・・・

Christy Barry's Jig No.1(クリスティ・ バリーのジグ)の練習


Christy Barry's Jig No.1(クリスティ・ バリーのジグ)

 

今日の練習曲は、Christy Barry's Jig No.1(クリスティ・ バリーのジグ)です。

フルート奏者のChristy Barryさんが作った曲だそうです。

No.1があるってことは、No.2もあるのかな??

と思ったら、やっぱりあるみたいです。

No.2はまた後日挑戦してみます。

 

最近、楽器のホコリが気になるようになって、

100均で隙間掃除棒を買ってみました。

f:id:maru04530101:20210322220659j:plain

細長い棒にもこもこが付いていて、狭い隙間の掃除にぴったりです!

ただ・・・

色がこれしか無かったので他を選べなかったのですが、この薄ピンク色は1回使ったらすぐに

薄汚い感じになってしまいました(;^_^

もしあれば、もうちょっと濃い色にするか、洗濯して使いまわせるように数本あった方がいいかな〜

という印象でした!

セントパトリックス・デー( Saint Patrick's Day)


John Ryan's Polka(ジョン・ライアンズ・ポルカ)

 

3月17日は、セントパトリックス・デー( Saint Patrick's Day)!!

アイルランドキリスト教を広めた聖パトリックの命日で、盛大にお祝いをする日だそうです。

アイルランドは別名「エメラルドグリーンの島」とも呼ばれていて、緑がアイルランドのシンボルカラーでもあり、

このセントパトリックス・デーには緑の服を着て、緑のビールを飲み、緑の食べ物を食べる風習があるそうです。

緑のビール!?

緑のビールは、ブルーキュラソーというリキュールをビールに混ぜて緑色にしているのだそうです。

 

今日の練習曲は、John Ryan’s Polka(ジョン・ライアンズ・ポルカ)です。

映画「タイタニック」で三等船室のダンスシーンで演奏された曲の1つです。

ジャックとローズが一緒にステップを踏んでいるシーンです♪

 

アイリッシュ音楽をはじめたからには是非セントパトリックス・デーにも参加したい!

ところですが・・・

大勢集まってわいわいお祭りをするイベントはなかなか難しい状況なので、

気分だけでも動画でちょこっと参加です♪♪

エレクトリカルパレードの練習


エレクトリカルパレード Electrical Parade

 

今日はディズニーのエレクトリカルパレードの練習です。

レッスンの課題ではなく、好きな曲を短くアレンジして弾いてみました。

本当はもっと早いスピードで弾きたかったのですが、全然成功しなかったため

今回は諦めてのんびりパレードになりました。

(ちなみに失敗しまくったのはハンマーダルシマーではなく、伴奏の鍵盤ハーモニカの方です・・・指が全然動かず、左手迷子のため)

 

手に持ってシャカシャカしているのはタンバリンとシェイカーです。

フットパーカッションという種類の楽器で、本来は付属のバンドで足に付けて、足でリズムを取りながら、手ではメインの楽器を演奏できる!という優れものです。

しかし、奏者の私がポンコツだったため、両手両足を使うとすべてがつられて崩壊してしまい、

せっかくのフットパーカッションも結局手で持って別撮り演奏となりました。

無念です・・・(x_x;)

もっとうまくなったらリベンジします!